mental&spirit

100%を目指さない事で出会えた新たな自分

更新日:

学校を卒業して社会人になりたての頃

右も左も分からず、仕事にガムシャラだった時期ってありませんか?

 

30代を過ぎて、よくあの

「ガムシャラに頑張っていた時の事」

を振り返るようになりました。

 

その時と比べて大きく違うこと。

それは「自分ひとりで頑張りすぎない」ことです。

その一言だけを聞くと

「年を取ってうまくサボることを覚えたんじゃない?」

と思ってしまいがちですが

(それもあるかもしれませんが?!)

それ以上に、ガムシャラだった自分とは違う

意識して 「100%を目指さない」ことで新たな自分に出会えたこと 

についてお話ししようと思います。

 

 

 

 

20代の始めは仕事に対して

自分ひとりでガムシャラに頑張っていたばかりでした。

そんな経験ってありませんか?

「あの頃は若くて右も左も分からず、ただ頑張るだけだったな」と

今になって振り返ると気づくこと。

 

もちろん、それにより出会えた素敵な方々や

大事な経験は今でも私の中の基礎となっています。

 

 

 

ですが30歳を越えて気付いたことは

あの頃は、自分ひとりでなんとかしようとしていたな…ということです。

 

無謀にも「ひとりでなんとかできる」と思っていたんですね。

もちろんそれはエネルギーになり

20代の私を支えていたことのひとつだったのだと思います。

 

 

 

 

これに気付けたのは

「私の下に後輩ができたこと」がきっかけでした。

もっと周りを頼っていいんだよ?と思ったのと同時に

私もこんな感じだったのかなぁ。と

ふっ、と20代の頃の自分が甦ってきたのです。

 

 

今の私が、20代のあの頃の私に

何か伝えることができるのであれば

ひとりで完璧の100%を目指さなくていいんだよ

もっと周りの人を頼ってみてごらん。

というメッセージ。

 

 

以前の私は、

周りの人を頼ることって、なんだか勇気がいることでした。

きっと、自分ひとりができることって限られているという現実を

認めたくなかったのかもしれません。

でも30代になり、

自分ひとりができることの限界に気付き

周りに協力をあおぐことで得られる

ひとりでは出来ない結果があることを知りました。

 

たとえば20%の誰かの力を借りたとき

その分、もっとより良いモノにするためのエネルギーや

ゴールまでのスピードをより早めるためのエネルギー、

または全く別の目標に進めるのです。

これは私にとってまさに「目からウロコ」の状態でした。

 

 

 

 

 

 

 

なぜ「ひとりで頑張る」という状況から

勇気が必要な「他の人の力を借りる」

ということができたのか?

 

それは、

仕事においてや

パートナーや友達と一緒に何かをするときに

決められた期限の中でも

「今よりも、より良いモノを作りたい」

という思いがきっかけだったのかもしれません。

 

 

 

 

もちろん人の力に頼りすぎることは注意しなければいけませんが

人の力を借りることで、肩の力がふっと抜け

以前よりも少し気持ちに余裕が生まれて周りをみれるようになり

仕事でもプライベートでも

何事も楽しめるようになりました。

 

 

 

大切なのは、素直に助けを求める勇気を出すこと。

そして「ありがとう」の感謝を忘れずにいること。

 

そうすることで、

苦しい時にはちゃんと助けを求められる新しい自分と

誰かと一緒でなければ見つけられなかった発見に

出会えるかもしれません。

pickup column

1

学校を卒業して社会人になりたての頃 右も左も分からず、仕事にガムシャラだった時期ってありませんか?   30代 ...

2

こころカウンセラーの夢香です。     日常生活の中、自分にとっての許せないことや嫌なことは、 度々 ...

3

心のカウンセラーの夢香です。     生きていると良いこと悪いこと、たくさんあります。   ...

-mental&spirit
-

Copyright© クリスタルマインド , 2018 All Rights Reserved.